INFP(仲介者)

INFPが仕事できないと言われる理由20選!独特な性格が持つワケについて徹底解説!

INFP型の人々は、理想主義的で創造的な思考を持つことで知られています。

彼らはしばしば、仕事において「できない」と誤解されることがありますが、それは彼らの独特な働き方や価値観が常に理解されるわけではないからです。

この記事では、INFP型が職場で直面する誤解と、その背後にある彼らの真の能力とポテンシャルについて掘り下げていきます。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • NFP型の人々は理想主義的で創造的な思考を持ち、感情豊かであり、他人の感情に敏感。
  • 仕事において「できない」と誤解されることがあるが、独特な働き方や価値観が理解されないことが原因。
  • INFPが職場で直面する誤解と、その背後にある真の能力とポテンシャルについて掘り下げる。

…etc

INFP仕事できないと言われる理由1.感情の波

INFPタイプの人々は、非常に感情豊かであり、その感情の波が職場でのパフォーマンスに影響を与えることがあります。

INFPは内向的な性格でありながら、他人の感情に対しても敏感です。彼らは自分の感情を深く感じ、時にはそれに圧倒されることがあります。この感情の波は、以下のような理由で仕事の能力に影響を及ぼすことがあります。

職場のストレス

厳しい状況や意見の対立があると、INFPは感情に振り回されやすく、これがコミュニケーションや意思決定に支障をきたすことがあります。

集中力の問題

周囲からの声や表情などの情報に敏感に反応してしまい、一人で集中して作業する環境がないと、仕事に集中できないことがあります。

精神的ストレス

INFPは理想と現実のギャップに苦しみやすく、仕事に対する自信を失いがちです。また、社会に溶け込むことの難しさや、自分を偽ってまで仕事をしたくないという想いから、精神的なストレスを感じることがあります。

これらの感情の波は、INFPが仕事できないと言われる一因となりますが、適切なサポートと理解があれば、彼らの感情的な強みを活かすことができます。

例えば、感情の豊かさは、創造的な仕事や人間関係を築く上での共感力につながります。

INFPの感情の波を理解し、彼らが最大限に能力を発揮できるような環境を整えることが重要です。

また、自己理解と経験を通じて、感情のコントロールを学ぶことも、INFPが職場で成功するための鍵となります。

INFP仕事できないと言われる理由2.マルチタスクの苦手

INFP型の人がマルチタスクに苦手意識を持つ理由は、彼らの性格特性に根ざしています。

INFP型は内向的で直感的、感情的、そして知覚的な性格を持っており、以下のような特徴がマルチタスクに対する苦手意識に影響を与えています。

集中力の高さ

INFP型は一つのタスクに深く集中することを好み、複数のタスクを同時に処理することにストレスを感じることがあります。

直感的思考

INFP型は直感を信じて行動することが多く、一度に多くの情報を処理するマルチタスクは彼らの直感的な流れを妨げる可能性があります。

感情の影響

感情に敏感なINFP型は、マルチタスクによって生じるストレスや圧力に弱いことがあります。

価値観に基づく行動

INFP型は自分の価値観に基づいて行動することを重視し、マルチタスクがその価値観と合わない場合、避ける傾向があります。

これらの特性は、INFP型がマルチタスクを苦手と感じる主な理由です。

しかし、これはINFP型が仕事ができないという意味ではありません。彼らは自分の強みを活かして、一つ一つのタスクに集中し、深い洞察と創造性を発揮することで、多くの分野で成功を収めています。

INFP型の人々は、自分の性格特性を理解し、それに合った仕事環境やタスク管理の方法を見つけることで、マルチタスクの苦手意識を克服し、仕事での成功を手に入れることができます。

INFP仕事できないと言われる理由3.人に遠慮しすぎる

INFPタイプの人が仕事できないと言われる理由の一つに、「人に遠慮しすぎる」という点が挙げられます。

これはINFPの共感力が高い性質と関連しています。以下に、この特性が仕事の場でどのように影響を及ぼす可能性があるかを説明します。

人に遠慮しすぎることの影響

  • 意見を言いにくい: INFPは他人の感情を尊重し、調和を重んじるため、自分の意見をはっきりと述べることが難しい場合があります。これにより、チーム内での意思決定や議論において、自分の考えを十分に伝えられないことがあります。
  • 自己主張が弱まる: 他者への配慮が過剰になると、自分のニーズやアイデアを後回しにしてしまうことがあります。これは、自己実現やキャリアの進展に影響を与える可能性があります。
  • 過度なストレス: 常に他人の期待に応えようとする圧力は、INFPにとってストレスの原因となり得ます。これは、長期的には仕事のパフォーマンスや満足度に悪影響を及ぼすことがあります。

INFPの人々は、自分の価値観や信念に基づいて行動することが多いですが、他人への過度な配慮が仕事の効率や自己表現を妨げることがあります。そのため、バランスを取りながら、自分の意見やニーズも適切に表現することが大切です。

この特性を理解し、適切に対処することで、INFPタイプの人々は仕事での成功を実現しやすくなります。他にも質問があれば、お気軽にどうぞ。

INFP仕事できないと言われる理由4.理想と現実のギャップ

INFPタイプは「仲介者型」として知られ、その理想主義的な性格が仕事でのパフォーマンスに影響を与えることがあります。

INFPの人々はしばしば、自分自身や人間関係、社会に対して高い理想を持っていますが、それが現実とかけ離れていると感じると、失望や絶望感を抱きやすいとされています。

理想と現実のギャップに苦しむ理由

  1. 高い理想: INFPはしばしば、理想的な世界を想像し、それを実現しようと努力します。しかし、現実は常に理想に沿って進むわけではなく、このギャップに直面するとストレスを感じることがあります1
  2. 感情の敏感さ: INFPは感情に非常に敏感で、他人の感情や社会的な問題に深く共感します。そのため、理想と現実の差によって生じる感情的な衝撃が大きくなりがちです1
  3. 変化への適応: INFPは新しい環境や変化に適応するのに時間がかかることがあり、理想と現実のギャップを埋めるための迅速な対応が難しい場合があります1
  4. 現実的な問題解決: INFPは創造的で革新的なアイデアを持っていますが、実務的な問題や細部に対する注意が苦手なこともあり、現実的な解決策を見つけるのが困難な場合があります1

これらの特性により、INFPは「仕事ができない」と誤解されることがありますが、実際には彼らの強みを活かせる環境や職種が存在します。例えば、クリエイティブな職業や人々の心に寄り添う仕事、教育に携わる仕事などがINFPには適していると言われています。

INFPの方々が自分の強みを理解し、適切な環境で働くことができれば、理想と現実のギャップを乗り越え、充実したキャリアを築くことが可能です。理想を持ち続けることは大切ですが、現実にも柔軟に対応できるようになることが、INFPの方々にとっての課題かもしれません。

INFP仕事できないと言われる理由5.変化への抵抗

INFPタイプは「仲介者」とも呼ばれ、独創性や個人の価値観を重視する傾向があります。

彼らは内向的で直感的な洞察力に優れ、感情を大切にする性格です。しかし、これらの特性が変化への抵抗として現れることがあります。

INFPが変化に抵抗する理由

  • 強い個人の価値観: INFPは自分の信念や価値観に基づいて行動するため、それらが脅かされると感じる変化には抵抗を示すことがあります。
  • 内省的な性格: 内向的であるため、自分の内面の世界に深く没頭し、外部からの変化を受け入れるのが難しいことがあります。
  • 感情の重視: 感情を大切にするため、変化が自分や他人の感情に影響を与えると感じると、抵抗することがあります。
  • 独創性と創造性: 新しいアイデアや視点を持つINFPは、既存の方法やシステムに固執することがあり、変化を受け入れるのが難しいことがあります。

これらの特性は、INFPが変化に対して柔軟でないと見られる原因となることがあります。しかし、これはINFPが仕事ができないという意味ではありません。むしろ、彼らは自分の価値観や感情を尊重し、それに基づいて行動することで、独自の貢献をすることができます。

変化への適応が必要な場面では、INFPの創造性や独創性を活かしながら、彼らの価値観や感情を尊重するアプローチが効果的です。

INFP仕事できないと言われる理由6.批判への敏感さ

INFPタイプの人々は、批判に対して特に敏感であると言われています。

これは、彼らが持つ豊かな感受性と深い共感力に起因しています。INFPは他人の感情や意見に対して非常に敏感であり、否定的なフィードバックや批判を受けると、それを深く心にとめてしまう傾向があります。この敏感さは、以下のような理由で仕事の能力に影響を及ぼすことがあります。

自己否定感

批判を受けると、INFPは自分の価値や能力を疑い始めることがあります。これは自信の喪失につながり、仕事のパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

ストレスと不安

批判や否定的なコメントに過剰に反応することで、ストレスがたまりやすく、不安を抱えることがあります。これが集中力の低下やモチベーションの減退につながることがあります。

コミュニケーションの壁

批判に対する恐れから、INFPは自分の意見を表明することを避けるようになることがあります。これにより、チーム内でのコミュニケーションや協力が阻害される可能性があります。

これらの点を踏まえると、INFPが職場で批判に敏感であることは、彼らの仕事の能力に影響を与える要因となり得ます。しかし、適切なサポートと理解があれば、INFPはこの敏感さを共感力や洞察力といった強みに変えることができます。

例えば、批判を建設的なフィードバックとして捉え、自己成長の機会とすることで、職場での成功につなげることができるでしょう。

また、INFP自身が自己理解を深め、ストレス管理や感情のコントロールを学ぶことも、彼らが職場でより良いパフォーマンスを発揮するために重要です。

INFP仕事できないと言われる理由7.細部へのこだわり

INFPタイプの人々が細部へのこだわりに苦手意識を持つと言われる理由は、彼らが大局的な視点を重視し、細かい詳細よりも全体の概念やアイデアに焦点を当てる傾向があるからです。

INFPは内省的で想像力豊かな性格を持ち、自分の価値観や信念に基づいて行動することを好みます。そのため、日常的な細かい作業や、緻密な注意を要するタスクに対しては、興味を持ちにくいとされています。

INFPは、自分の内面の世界に深く没頭することが多く、その結果、外部の細かい事柄に気を取られることなく、自分の思考や感情に集中することができます。しかし、これが仕事の場面では、細部に対する注意が不足していると捉えられることがあります。例えば、プロジェクトの細かいスケジュール管理や、緻密なデータ分析など、詳細にわたる注意を必要とする作業において、INFPは他のタイプに比べて苦労することがあります。

このような特性は、INFPが創造的な分野や、人との深い関係を築くことが求められる職業においては強みとなりますが、細部に対する注意力が重要視される職場では、彼らの能力が十分に発揮されにくいという側面があります。したがって、INFPの人々が「仕事ができない」と言われる理由の一つとして、細部へのこだわりの欠如が挙げられるのです。

INFPの人々が成功するためには、彼らのこのような特性を理解し、彼らの強みを活かす環境を提供することが重要です。細部に対する注意が必要なタスクには、他のタイプの人々と協力することで、INFPの創造性や大局的な視点を生かしながら、全体としてのバランスを取ることができるでしょう。

INFP仕事できないと言われる理由8.時間管理の難しさ

INFPタイプの人々が仕事で時間管理に苦労すると言われる理由は、彼らの性格特性に起因しています。

INFPは内向的で直感的、感情的で柔軟な性格を持っており、以下のような特徴が時間管理の難しさに影響を与えていると考えられます。

創造性と直感の優先

INFPは創造的なプロジェクトに情熱を持ち、直感を頼りに行動することが多いです。これにより、計画性よりも直感に従って行動する傾向があり、時間管理を計画的に行うのが難しい場合があります。

価値観に基づく行動

INFPは自分の価値観に基づいて行動することを重視します。そのため、自分にとって意味のある活動に時間を多く割く一方で、日常的なタスクや締め切りに対する注意が散漫になることがあります。

柔軟性と自由度の追求

INFPは柔軟な働き方を好み、自由度の高い環境で能力を発揮します。しかし、これが原因で厳格なスケジュールに縛られることを苦手とし、時間管理が疎かになることがあります。

感情の影響を受けやすい

感情に敏感なINFPは、気分や感情の変動によって作業のペースが左右されやすく、それが時間管理を一貫して行うことを困難にします。

これらの特性は、INFPがフリーランスや自律性を重視する職業に向いている一方で、時間管理が必要な職業や環境では課題となることがあります。しかし、適切なサポートや自己管理の技術を身につけることで、これらの課題を克服することが可能です。INFPの方々が自分の強みを活かしながら時間管理のスキルを向上させることは、仕事の効率化だけでなく、個人的な満足感にも繋がります。

INFP仕事できないと言われる理由9.ルーチンワークの苦手

INFPタイプは「仲介者型」として知られ、新しいアイデアや創造的なプロジェクトに情熱を持ちますが、ルーチンワークや単純作業には苦手意識を持つことがあります。

これは、INFPが持つ特性とルーチンワークの性質との間に相性の問題があるためです。

INFPがルーチンワークに苦手意識を持つ理由

  1. 自律性の重視: INFPは自分の価値観に基づいて働くことを重要視し、自分のペースで働くことを好みます。ルーチンワークはしばしば外部からの厳格なスケジュールや手順に従う必要があり、INFPの自律性とは相反する場合があります。
  2. 創造性の発揮: INFPは創造的なプロジェクトにおいて独自のアイデアを実現することが得意です。一方で、ルーチンワークは創造性を必要とせず、同じ作業の繰り返しであるため、INFPにとってはやりがいを感じにくいものです。
  3. 深い価値観に基づいた仕事: INFPは自分の深い価値観に沿った仕事を選ぶことで内面的な満足感を得ることができます。しかし、ルーチンワークはしばしば単調であり、INFPが求めるような深い意義を見出しにくいです。
  4. 柔軟な働き方: INFPは働く場所や時間を自由に選べる柔軟な働き方を好む傾向があります。ルーチンワークは通常、固定された場所と時間で行われるため、INFPにとっては制約となることがあります。

これらの理由から、INFPはルーチンワークに対して苦手意識を持つことが多いです。しかし、これはINFPが仕事ができないというわけではなく、彼らの強みを活かせる環境や職種を見つけることが重要です。

INFPの特性を理解し、適切な職場で働くことができれば、彼らは非常に高いパフォーマンスを発揮することができます。

INFP仕事できないと言われる理由10.直感に頼りすぎる

INFPタイプは「仲介者」として知られ、その直感的な性質が強い特徴の一つです。

彼らは外向的直観(Ne)を補助機能として持ち、これにより独創的なアイデアや多角的な視点から物事を捉えることが得意です。しかし、この直感に頼りすぎることが、仕事の場面で問題となることがあります。

直感に頼りすぎることが問題となる理由

  • 具体性の欠如: INFPは抽象的な情報を受容することに長けていますが、これが具体的な事実やデータに基づく分析をおろそかにする原因になることがあります。
  • 現実との乖離: 直感によって生み出されるアイデアやビジョンが、現実の制約や実用性と合わない場合があります。これにより、実行可能な計画を立てるのが難しくなることがあります。
  • 決断の遅延: 多くの可能性を考慮しすぎることで、決断を下すのが遅れることがあります。これは特に、迅速な意思決定が求められるビジネス環境では不利になります。
  • 過度の内省: INFPは内向的な性格であり、自分の内面の世界に深く没頭することがあります。これが外部の変化や要求に対する適応を妨げることがあります。

これらの点を踏まえると、INFPが仕事できないと言われるのは、彼らの直感的なアプローチが常に実務的な状況に適しているわけではないからです。

しかし、INFPの直感は新しいアイデアや創造的な解決策を生み出す源泉でもあります。

したがって、INFPの直感を適切に活用し、具体的な行動計画に落とし込むことができれば、彼らは非常に価値ある貢献をすることができます。

INFPの直感と現実的な実行力をバランス良く組み合わせることが、職場での成功への鍵となるでしょう。

INFP仕事できないと言われる理由11.対人関係の疲れ

INFPタイプの人々は、対人関係において非常に繊細であり、他人との深い関わり合いに多くのエネルギーを注ぐため、対人関係の疲れを感じやすいと言われています。

この特性は、以下のような理由で仕事の能力に影響を及ぼすことがあります。

共感力の高さ

INFPは他人の感情に共感しやすく、他者の問題に深く関わることで精神的な負担を感じることがあります。これにより、仕事に集中することが難しくなることがあります。

感受性の強さ

環境や他人の感情に敏感であるため、周囲のネガティブなエネルギーを吸収しやすく、それがストレスとなって表れることがあります。

一人で集中する環境の必要性

INFPは一人で集中して作業を進めることを好むため、人が多い環境では集中力が散漫になり、仕事の効率が低下することがあります。

これらの理由から、INFPが対人関係の疲れを感じることは、彼らの仕事のパフォーマンスに影響を与える可能性があります。しかし、適切な職場環境や仕事のアプローチを見つけることで、INFPはこの疲れを軽減し、彼らの強みを活かすことができます。

例えば、クリエイティブな仕事や、一人で没頭できる環境がある仕事は、INFPにとって良い選択肢となるでしょう。

また、自己理解を深め、ストレス管理の技術を学ぶことも、INFPが職場でより良いパフォーマンスを発揮するために重要です。

INFP仕事できないと言われる理由12.完璧主義

INFP型の人々が仕事で完璧主義とされる理由には、いくつかの要因があります。

INFP型は理想主義的で創造的な性格を持ち、自分自身や仕事に対して高い基準を設けることが多いです。彼らはしばしば、自分の内面の価値観や信念に従って行動し、その結果、物事を完璧に仕上げたいという強い願望を持ちます。これは、以下のような特徴によってもたらされることがあります。

深い探求心

INFP型は自分の興味に強く惹かれ、それを深く追求する傾向があります。

創造的な視点

独自の視点やアイデアを持ち、新しい研究方法や理論を考え出すことができます。

内面的な動機付け

自己の価値観や信念に基づいて行動するため、モチベーションが高いです。

共感能力

他人の視点を理解し、協力的な研究環境を作り出すことが得意です。

直感的な問題解決

直感を使って複雑な問題に取り組み、創造的な解決策を見つけることができます。

しかし、この完璧主義は、以下のような課題をもたらすこともあります:

自己管理の難しさ

スケジュール管理やタイムマネジメントが苦手で、締め切りを守るのが難しいことがあります。

ストレス管理の難しさ

完璧主義の傾向があり、プレッシャーに弱いことがあります。

対人関係の困難

内向的な性格のため、他人とのコミュニケーションにストレスを感じやすいです。

これらの特性は、INFP型が仕事で完璧を求めることが「できない」と見なされる原因となることがあります。しかし、適切な環境とサポートがあれば、INFP型はその創造性と熱意を活かして、多くの分野で成功を収めることができます。

INFP仕事できないと言われる理由13.自己表現の難しさ

INFPタイプが自己表現に苦労すると言われる理由は、彼らの内向的で感情豊かな性格に関連しています。

以下は、INFPが自己表現に難しさを感じる主な要因です。

内向性と感情の深さ

INFPは内向的であり、自分の感情や考えを内面に留めがちです。彼らは自分の豊かな感情を外に表すのが難しいと感じることがあります。

理想と現実のギャップ

INFPは理想主義者であり、自分の理想と現実世界との間にギャップを感じることがあります。これにより、自分の真の思いを表現することに躊躇することがあります。

完璧主義

INFPは完璧を求める傾向があり、自分の表現が完璧でないと感じると、自己表現を控えることがあります。

批判への敏感さ

INFPは批判に対して非常に敏感であり、他人からの否定的なフィードバックによって自己表現を抑えることがあります。

自己価値の探求

INFPは自分自身の価値観やアイデンティティを大切にし、それらが十分に理解されない環境では自己表現が難しくなります。

これらの要因は、INFPが自己表現をする際に葛藤を感じる原因となりますが、自己理解を深め、自分の感情や価値観に忠実であることを学ぶことで、自己表現のスキルを向上させることができます。

INFPは、自分の内面の声に耳を傾け、自分らしい方法で表現することを通じて、自己表現の難しさを克服することが可能です。

また、創造的な活動や芸術を通じて、自分の感情や考えを表現することも役立ちます。

INFP仕事できないと言われる理由14.優柔不断

INFPタイプは「仲介者型」として知られており、その優柔不断さが仕事でのパフォーマンスに影響を与えることがあります。

INFPの人々は理想を追求する傾向が強く、多くの選択肢を考慮しすぎるため、決断を先延ばしにしてしまうことがよくあります。これは特に時間的な制約がある状況下で障害となることがあります。

INFPの優柔不断さの理由

  1. 多様な可能性への開放性: INFPは新しい可能性を常に探求し、何かを決めてしまうことで他の選択肢を潰してしまうことを嫌がります。これが意思決定を嫌がる一因となっています。
  2. 感情の影響: INFPは感情に絆されやすく、優しさや寂しさ、後悔などの感情によって苦悩し、決断が振り出しに戻ることが多いです。
  3. 他者への配慮: 高い共感力を持つINFPは、過度に他人を配慮するあまり、自分のことが後回しになり、優柔不断に陥ることがあります。

INFPの優柔不断さを克服する方法

  • 決断力の鍛錬: 決断した後は、その内容を紙に書き出し、揺らぎやすい時は、書いた文を見て思い出し実行に移す訓練をすることが有効です。
  • 外向的思考の強化: 感情を抑えて外向的思考を鍛える訓練をすることで、現実的な決断を下す力を高めることができます。

INFPの方々がこれらの方法を取り入れることで、優柔不断さを克服し、仕事でのパフォーマンスを向上させることが期待できます。

また、INFPの個性を活かした働き方や職種を選ぶことで、自分らしいキャリアを築くことも大切です。

優柔不断さはINFPの特性の一部ですが、それを理解し、適切に対処することで、INFPの方々は多くの分野で成功を収めることができるでしょう。

INFP仕事できないと言われる理由15.批評家になりがち

INFPタイプは「仲介者」として知られ、高い共感力と個人の価値観に基づいて行動することが特徴です。

彼らは自分の理想や信念に強く固執し、それが周囲の状況や人々に対する批評的な態度として表れることがあります。

INFPが批評家になりがちな理由

  • 高い理想主義: INFPは理想主義的であり、現実が自分の理想と一致しない場合、そのギャップに対して批判的になることがあります。
  • 強い個人の価値観: 自分の価値観に基づいて物事を判断するため、他人の行動や意見が自分の価値観と異なると、批判的な反応を示すことがあります。
  • 感情の過敏さ: 感受性が高く感情に敏感なため、否定的なフィードバックや批判に対して過剰に反応し、自己批判的になることがあります。
  • 内省的な性格: 自分の内面の世界に深く没頭することが多く、外部の意見や批判に対して防御的になりやすいです。

これらの特性が、職場での対人関係やチームワークにおいて、INFPが批評家になりがちと見られる原因となることがあります。しかし、INFPのこの傾向は、彼らが持つ深い洞察力や創造性を活かし、改善点を見つけ出し、より良い方向に導くためのものであることも理解する必要があります。INFPの批評は、建設的な意図から来ることが多いので、彼らの意見を価値あるフィードバックとして受け入れることができれば、組織やプロジェクトにとって有益なものとなるでしょう。彼らの批評を適切に理解し、対話を通じて解決策を見つけることが、職場での調和と成長につながります。

INFP仕事できないと言われる理由16.夢見がち

INFPタイプの人々は、夢見がちであり、想像力豊かであると言われています。

これは、彼らが創造的な思考理想主義に傾倒しているため、実際の仕事環境では、細かい作業や型にはまったルーティンワークに対して苦手意識を持つことがあります。

INFPの人々は、自分の価値観内面的な動機に基づいて行動することを重視するため、一般的な職場の要求や期待に合わせるのが難しいことがあります。

また、INFPは神経質HSP(Highly Sensitive Person)気質な人が多く、周囲の人々や環境からの刺激に敏感であるため、集中して仕事をするのが難しいと感じることがあります。

彼らにとっては、一人で集中できる環境や、深い価値観に基づいた仕事が適しており、このような環境では非常に高いパフォーマンスを発揮することができます。

INFPの人々が「仕事ができない」と言われるのは、彼らの能力が適切に活かされない環境や仕事に就いていることが原因であることが多いです。彼らの強みを理解し、それに合った職業や職場環境を選ぶことが重要です。

例えば、ライターアーティストカウンセラーなど、創造性を発揮できる職業や、人々の心に寄り添う仕事はINFPにとって理想的な選択肢となります。

彼らの共感力探究心を活かせる環境であれば、INFPの人々はその才能を十分に発揮することができるでしょう。

INFP仕事できないと言われる理由17.感受性が強い

INFP型の人々が仕事で感受性が強いと言われる理由は、彼らが非常に繊細で感情に敏感であるためです。

INFP型は「仲介者型」とも呼ばれ、深い共感力と豊かな想像力を持っています。これらの特性は、クリエイティブな仕事や人と深く関わる職業においては大きな強みとなりますが、一方で、以下のような課題をもたらすことがあります。

感情の波

INFP型は感情の波に強く影響を受けやすく、ストレスや否定的なフィードバックに対して特に敏感です。

環境への反応

周囲の環境や人々の感情に対して反応しやすく、職場の雰囲気や同僚の感情が自分のパフォーマンスに影響を与えることがあります。

個人的な価値観

自分の価値観や理想に非常にこだわり、それが現実の職務と衝突することがあります。

対人関係のストレス

他人との深い関係を築くことに重きを置くため、対人関係のストレスを感じやすいです。

非現実的な期待

理想主義的な傾向が強いため、現実とのギャップに苦しむことがあります。

これらの特性は、INFP型が仕事で「できない」と見なされる原因となることがありますが、適切なサポートと理解があれば、彼らの感受性を活かして多くの分野で貢献することができます。例えば、カウンセリングや教育、芸術などの分野では、INFP型の感受性が強い特性が大きな強みとなります。

INFP型の人々は、自分の感受性を理解し、それを活かすことができる環境を見つけることが重要です。また、自己管理やストレス耐性を高めることで、感受性が高いことによる課題を克服し、仕事での成功を手に入れることができるでしょう。

INFP仕事できないと言われる理由18.自己犠牲の精神

INFPタイプの人々が「自己犠牲の精神」を持つと言われる理由は、彼らの深い共感力と他者への思いやりに根ざしています。

INFPは、他人の感情やニーズに対して敏感であり、しばしば自分の欲求やニーズを後回しにしてまで他者を支援しようとします。以下は、INFPが自己犠牲の精神を持つとされる主な要因です。

強い共感力

INFPは他人の感情に共感しやすく、他者の苦しみや困難を自分のことのように感じ取ることができます。このため、他人を助けるために自分の利益を犠牲にすることがあります。

価値観に基づく行動

INFPは自分の内面的な価値観に従って行動することを重視し、その価値観が他者への奉仕や支援を促すことが多いです。その結果、自分のニーズよりも他者のニーズを優先することがあります。

過度な自己犠牲

INFPは、他人のために自己犠牲をしすぎることで、自分自身を犠牲にしてしまうことがあります。これは、自分の健康や幸福を損なう可能性があります。

現実的な問題への対処の難しさ

INFPは理論的な思考よりも直感的な思考に傾向があり、現実的な問題に対処することが苦手な場合があります。これにより、自分の限界を超えてしまうことがあるかもしれません。

INFPの人々は、自分の価値観に合わない仕事や環境にいると、ストレスを感じやすくなります。しかし、他人のために自己犠牲をしすぎることで、自分自身を犠牲にしてしまうこともあります。

このような傾向は、INFPが仕事で成功するためには、自分の限界を理解し、自己犠牲の精神を適切にコントロールすることが重要です。

自分のニーズと他者のニーズのバランスを取りながら、健康的な関係を築くことが大切です。

INFP仕事できないと言われる理由19.非現実的な期待

INFPタイプは「仲介者型」として知られており、非現実的な期待を持つことが仕事でのパフォーマンスに影響を与えることがあります。

INFPの人々は理想主義的で、しばしば現実よりも理想を追求する傾向があります。これが、彼らが非現実的な期待を持つ原因となることがあります。

非現実的な期待を持つ理由

  1. 理想主義: INFPは理想的な結果を追求し、しばしば現実の制約を見落とすことがあります。これにより、実現不可能な目標を設定してしまうことがあります1
  2. 感情の影響: INFPは感情に流されやすく、希望に満ちたビジョンに引き込まれることがあります。しかし、それが現実的な基準から外れていることに気づかないことがあります1
  3. 変化への適応: INFPは新しい環境や変化に適応するのに時間がかかることがあり、現実的な期待を持つことが難しい場合があります1
  4. 現実逃避: 現実的な問題から逃避し、理想的な世界に没頭することがあります。これにより、現実的な目標設定が難しくなります2

非現実的な期待を克服する方法

  • 現実的な目標設定: 自分自身の能力と現実の制約を考慮した上で、実現可能な目標を設定することが重要です。
  • 客観的なフィードバック: 他人からの客観的な意見やフィードバックを受け入れ、自分の期待が現実的かどうかを評価することが有効です。
  • 小さな成功の積み重ね: 小さな目標を達成することから始め、徐々に大きな目標に挑戦することで、現実的な期待を持つことができます。

INFPの方々がこれらの方法を取り入れることで、非現実的な期待を克服し、仕事でのパフォーマンスを向上させることが期待できます。

また、INFPの個性を活かした働き方や職種を選ぶことで、自分らしいキャリアを築くことも大切です。

非現実的な期待はINFPの特性の一部ですが、それを理解し、適切に対処することで、INFPの方々は多くの分野で成功を収めることができるでしょう。

INFP仕事できないと言われる理由20.権威に対する反発

INFPタイプは「仲介者」として知られ、独自の価値観や理想を重視する性格です。

彼らはしばしば、権威や既存のシステムに対して反発する傾向があります。これは、INFPが自分の内なる価値観や倫理観に非常に忠実であるためです。彼らは、自分の信じる正義や価値観に基づいて行動し、不公平や非道徳に対して声を上げることがあります。

INFPが権威に反発する理由

  • 個人主義: INFPは自分の信念に従って行動することを重視し、集団の圧力や権威に流されることなく、独立した思考を保ちます。
  • 正義感: 不公平や不正に対して敏感であり、それらに対抗するために声を上げることがあります。これは、彼らが持つ強い内面の倫理観から来ています。
  • 創造性: INFPは創造的であり、既存の枠組みや規範に縛られることなく、新しいアイデアや解決策を模索します。そのため、権威によって制限されることを好みません。
  • 共感力: 他人の感情に対する深い共感力を持っており、権威による不公正や抑圧が他人に与える影響に対して、強い感情を抱くことがあります。

これらの特性は、INFPが権威や既成概念に反発する原因となりますが、同時に彼らの独自性や創造性を促進する要因でもあります。

INFPは、自分の価値観に基づいて行動することで、社会や組織に新しい視点をもたらすことができます。

そのため、INFPの権威に対する反発は、彼らが変化を促進し、より良い方向へ導くための重要な動機となることがあります。彼らのこの傾向を理解し、価値ある貢献として受け入れることが、職場での調和と成長につながるでしょう。

INFPが仕事できないに関する実体験エピソード

INFPのタイプは、理想主義的で創造的な性格を持ち、個人の価値観や信念に深く根ざした仕事を求めることが多いです。

彼らは自分の仕事が他人を助け、意味のある影響を与えることを重視します。しかし、この理想主義が高い基準を設け、時には現実の職場環境とのギャップに苦しむこともあります。

職場での実体験エピソードとして、私は以前、INFPの同僚と一緒に働いていたことがあります。彼女は非常に才能があり、創造的なアイデアを持っていましたが、日々の業務のルーチンや細かい管理作業には苦手意識を持っていました。彼女は仕事において、自分の価値観や情熱を反映させることを重要視しており、単調なタスクや詳細な計画に縛られることを好まない傾向がありました。

あるプロジェクトでは、彼女は自分のアイデアを活かすことに熱中しすぎて、期限内に必要なタスクを完了させることができませんでした。彼女は自由な発想と創造性を重んじる一方で、組織的な制約や締め切りに対するストレスを感じていました。その結果、プロジェクトの進行に遅れが生じ、チーム全体に影響を及ぼしました。

この経験から、私たちはINFPの同僚が最も効果的に働けるように、彼女の強みを活かし、サポートする方法を模索しました。例えば、彼女がアイデアを自由に発展させる時間を確保しつつ、明確な期限と目標を設定することで、彼女の創造性を生かしながらも、プロジェクトの進行を確実にするバランスを取ることが重要でした。

INFPのタイプは、彼らが価値を感じ、情熱を持てる環境であれば、非常に高いパフォーマンスを発揮することができます。彼らの個性を理解し、適切なサポートを提供することで、彼らの才能を最大限に引き出し、職場での成功につなげることができるのです。

INFPが仕事できないと言われる理由20選!独特な性格が持つワケについて徹底解説!まとめ

INFP型の人々が仕事で「できない」と誤解される理由は、彼らの独特な特性や働き方にあります。

しかし、これらの特性は、適切に理解し、活かされることで、職場において大きな価値をもたらすことができます。INFP型の人々の持つ、理想主義、創造性、共感力は、職場をより良いものにするための貴重な資源です。彼らの能力を正しく評価し、彼らがその才能を発揮できる環境を整えることが、組織全体の成功につながります。すべてのMBTIタイプが持つ独自の強みを活かし、多様性を尊重することで、職場はもっと豊かになるでしょう。

どのMBTIタイプも、それぞれの美しさを持っていることを忘れないでください。

すべての人が自分らしい働き方を見つけられますように。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)