その他

MBITとMATIとMETIは正しくはMBTIです!人気の心理診断について徹底解説!!

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、心理学者カール・ユングの理論に基づいて開発された、個人の性格タイプを16種類に分類する心理診断です。

世界中で広く利用されており、自己理解や人間関係の改善、職業選択の指針として活用されています。

この診断は、4つの指標(エネルギーの向き、情報の収集、意思決定、生活スタイル)を用いて、個々の性格を詳細に分析します。

今回は、MBTIの基本から各タイプの特徴まで、その魅力に迫ります。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • MBTIの正しい名称は重要であり、間違った呼び方(MBITやMATI)は発音の類似性、記憶の曖昧さ、タイピングミスなどによるものである。
  • MBTIでは外向性(E) vs 内向性(I)、感覚(S) vs 直観(N)、思考(T) vs 感情(F)、判断(J) vs 知覚(P)の4つの二項対立軸を用いて16の性格タイプを定義する。
  • 代表的な4つの性格タイプ(ISTJ、ENFP、ISTP、ENFJ)の特徴が紹介されている。

MBITとMATIとMETIは正しくはMBTI

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、人々の性格タイプを理解するための心理学的ツールですが、時に「MBIT」や「MATI」と誤って言及されることがあります。このような間違いは、主に以下の理由によるものです。

発音の類似性

MBTIの各文字は、発音が似ているため、話す際に順序が入れ替わりやすいです。特に、英語非母語話者にとっては、似た音の文字を正確に区別することが難しい場合があります。

記憶の曖昧さ

MBTIは略語であり、個々の文字が特定の意味を持っています。しかし、略語の正確な順序を覚えていない場合、誤って記憶から引き出すことがあります。

タイピングミス

キーボードでの入力ミスも、MBITやMATIといった誤った形で言及される一因です。特に、速くタイピングする際には、文字の順番が入れ替わることがあります。

これらの理由から、MBTIを正しく理解し、使用することは、そのツールを効果的に活用する上で重要です。MBTIの各文字は、特定の性格指標を表しており、それぞれが重要な意味を持っています。したがって、正しい名称を用いることで、正確な情報の伝達と理解が可能となります。また、MBTIを正しく覚え、使用することで、自己理解や他者とのコミュニケーションにおいて、より深い洞察を得ることができるでしょう。

【MBITとMATIとMETIは正しくはMBTI】MBTIの基本構造

MBTIでは、以下の4つの二項対立軸を用いて、16の性格タイプを定義します。

外向性(E) vs 内向性(I)

エネルギーの源泉が外部にあるか内部にあるか。

感覚(S) vs 直観(N)

情報を具体的な事実として受け取るか、全体的な印象や可能性として捉えるか。

思考(T) vs 感情(F)

意思決定を論理的に行うか、個人的な価値観や感情を重視するか。

判断(J) vs 知覚(P)

計画的に物事を進めるか、柔軟に対応するか。

これらの組み合わせにより、ISTJやENFPなど、独自の性格タイプが形成されます。

【MBITとMATIとMETIは正しくはMBTI】各MBTIタイプの特徴

ここでは、16の性格タイプのうち、代表的な4タイプを紹介します。

ISTJ – 実務家タイプ ISTJタイプは、責任感が強く、実用的で組織的です。伝統を重んじ、ルールや規則を守ることを大切にします。

ENFP – 情熱家タイプ ENFPタイプは、創造的で熱意があり、新しい可能性を追求することを楽しみます。人とのつながりを大切にし、感召されやすい一面もあります。

ISTP – 冒険家タイプ ISTPタイプは、現実的で冷静、独立心が強く、新しい経験や挑戦を求めます。直感に従い、柔軟な思考を持っています。

ENFJ – 教育者タイプ ENFJタイプは、他人を励ますことに喜びを感じ、社交的で共感力が高いです。人々の成長を支援し、ポジティブな影響を与えることを目指します。

続きはこちらの【MBTI診断一覧】性格タイプ一覧!これであなたも詳しくなれる情報を一挙公開で解説しています!

MBITとMATIとMETIは正しくはMBTIです!人気の心理診断について徹底解説!!まとめ

MBTIは、自己理解を深めるための有効なツールです。各タイプの特徴を理解することで、自分自身や他人との関係をより良く築くことができます。この診断を通じて、個々のユニークな強みや成長の機会を見出し、人生を豊かにする一助となることでしょう。

この記事では、MBTIの概要と各タイプの特徴を紹介しましたが、さらに詳しい情報や各タイプの深い洞察を得るには、専門の文献や診断ツールを参照することをお勧めします。自分自身のタイプを知ることは、自己成長の第一歩です。MBTIを活用して、自分自身の可能性を最大限に引き出しましょう。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo