その他

MBTIのS型タイプとN型タイプがみかんで分かると言われる理由!人気アイドルが発端?について徹底解説!!

MBTI性格診断では、人々を16の異なるタイプに分類しますが、その中でも特に対照的なのがS型(センシング)とN型(イントュイション)です。

これらのタイプは情報の処理方法が根本的に異なり、日常のささいな選択からもその違いが垣間見えると言われています。

なぜみかんがこのような議論の中心になったのでしょうか。

そして、それがどのようにしてMBTIタイプの理解に役立つのでしょうか。

この記事では、その理由と、各タイプの特徴を深掘りしていきます。

MBTIのS型タイプとN型タイプがみかんで分かる?

最近、ルセラフィムメンバーがYouTube動画で「レストランの食事で一番最後にみかんが出てきたらどう思う?」という質問を通じて、MBTIタイプを判断する試みが話題となりました。

この動画は、S型とN型の違いをみかんという身近な事例で示すことに成功し、多くのファンに新たな洞察を与えました。

【MBTIとみかん】S型(センシング)タイプの世界

S型タイプは、五感を通じて得られる具体的な情報を重視します。

彼らは現実的であり、目の前の事実や詳細に注目し、それを基に判断を下します。

レストランで食事をした後にみかんが出てきた場合、S型の人はそのみかんの色や香り、味を具体的に評価し、その経験を直接的に楽しむ傾向があります。

【MBTIとみかん】N型(イントュイション)タイプの視界

一方、N型タイプは直感や想像力を重視し、物事の背後にある意味や可能性を探求します。

みかんが出てきたとき、N型の人はそのみかんがどのようにしてそこに来たのか、またはそれが将来にどのような影響を与えるかを考えるかもしれません。

彼らはみかんの存在を、より大きな文脈や物語の一部として捉えることが多いです。

MBTIとみかんに関する実体験エピソード【学校編】

私が学生だった頃、MBTIの性格診断でINFPという結果が出ました。

それをきっかけに、自分自身や他人を理解するためのツールとしてMBTIに興味を持ち始めました。ある日、学校の心理学のクラスで、性格タイプによって人々がどのように異なる状況に反応するかについてのディスカッションがありました。

その日は、クラスメートがみんなで持ち寄った食べ物を共有する日でもありました。私は、おやつとしてみかんを持って行きました。ディスカッション中、私はみかんを皮むきながら、INFPの特徴である共感力や価値観に基づいた行動について話しました。私は、みかんの皮をむくのが得意で、いつも周りの友達にも分けてあげるのが好きだと説明しました。

その時、私は自分の行動がINFPの特性とどのように関連しているかを実感しました。みかんを分けることで、クラスメートとの絆を深め、温かい雰囲気を作り出すことができました。また、みかんの甘い香りがクラス全体に広がり、リラックスした雰囲気を作り出すのにも一役買いました。

この経験から、私はMBTIの性格タイプが日常生活の中でどのように表れるかをより深く理解することができました。そして、小さな行動が周囲に与える影響の大きさを実感し、人との関わりの中で自分自身を表現することの重要性を学びました。みかん一つを通じて、自分の性格タイプを活かし、他人とのコミュニケーションを豊かにする方法を見つけることができたのです。

MBTIのS型タイプとN型タイプがみかんで分かると言われる理由!人気アイドルが発端?について徹底解説!!まとめ

ルセラフィムメンバーの動画が示したように、みかん一つを取っても、MBTIのS型とN型の違いは明確に表れます。

S型は具体的な感覚に、N型は抽象的な可能性に焦点を当てることで、同じ状況を全く異なる角度から捉えることができるのです。このような視点は、自己理解を深めるだけでなく、他者とのコミュニケーションを豊かにするための鍵となります。

MBTIを通じて、私たちは自分自身と周囲の人々をより深く理解することができるのです。

ABOUT ME
この記事の監修者
MBTIラボ編集部。2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTIラボ」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA