その他

MBTI診断結果が毎回異なる理由とは?その変動性の謎に迫る

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、個人の性格タイプを理解するための有名なツールです。

しかし、何度か受けると結果が異なることがあります。

これはなぜでしょうか?

本記事では、MBTI診断結果が毎回変わる理由と、その結果の有効な活用方法について探求します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • MBTI診断結果が毎回異なる理由は、心理状態の変化や自己認識の進化、診断ツールの限界などが挙げられます。
  • MBTI診断結果が変わることは、自己理解の過程で有益な情報を提供し、複数のタイプを探求したり、状況に応じた自己分析を行ったりすることで有効に活用できます。
  • MBTIは一度きりの診断ではなく、長期的な自己理解のプロセスの一部として利用することが重要であり、自己成長の旅路において貴重な指標となるでしょう。

【MBTI毎回違う】MBTI診断の変動性の背景

MBTI診断は、質問への回答に基づいて16の性格タイプのうちの1つを割り当てます。しかし、この診断結果が一貫しないことがしばしば報告されています。その主な理由は、以下の通りです。

状況による心理状態の変化

人の心理状態は、その時々の状況や感情によって変わります。ストレスが多い日には、普段とは異なる性格特性が強調されることがあります。このような心理状態の変動が、MBTI診断結果の変化に影響を与えることがあります。

自己認識の進化

年齢を重ねるにつれて、自己認識は深まり、価値観や行動傾向が変化することがあります。この成長過程で、以前とは異なる性格タイプが現れることがあります。

診断ツールの限界

MBTIは自己申告式の診断ツールであり、質問の解釈や気分によって回答が変わることがあります。また、診断はあくまでその時点でのスナップショットであり、人間の複雑な性格を完全に捉えることはできません。

【MBTI毎回違う】MBTI診断結果の有効活用法

MBTI診断結果が変わることは、自己理解の過程で有益な情報を提供します。以下の方法で、診断結果を有効に活用しましょう。

複数のタイプを探求する

診断結果が変わる場合、複数の性格タイプの特徴を探求することで、自分自身の多面性を理解する手助けになります。

状況に応じた自己分析

異なる状況での診断結果を比較することで、特定の状況下での自分の行動傾向や思考パターンを把握することができます。

長期的な自己理解のツールとして利用する

MBTIは一度きりの診断ではなく、長期的な自己理解のプロセスの一部として利用することが重要です。時間をかけて自分自身を観察し、様々な角度から自己分析を行うことが推奨されます。

MBTIの結果が毎回違うに関する実体験エピソード

MBTIの診断結果が毎回異なるという現象は、多くの人が経験していることです。

これは、MBTIが自己申告式の質問に基づいており、その時々の心理状態や環境によって回答が変わるために起こります。また、質問に対する理解や解釈の違い、さらには診断を受ける日によっても結果が変わることがあります。

例えば、ある人は最初の診断でINTP(論理学者型)とされたものの、次に受けた時にはENTP(討論者型)という結果が出たというエピソードを持っています。

この変化は、内向型と外向型の診断が50%前後できわどい数値だったために起こり得るものです。

実際に、MBTIの結果が変わる主な理由として以下の点が挙げられます。

環境の変化

置かれている環境が変わると、人は異なる側面を見せることがあります。例えば、学校では内向的に振る舞うが、友人といる時は外向的になるといったケースです。

感情や精神状態

診断を受ける時の気分や感情の状態によって、質問に対する回答が変わることがあります。ストレスを感じている時やリラックスしている時では、自己評価が異なることがあります。

自己理解の深まり

年齢や経験によって自己理解が深まると、以前は気づかなかった自分の特性に気づくようになり、それが診断結果に反映されることがあります。

これらの理由から、MBTIの診断結果が一貫しないことは珍しくありません。そのため、MBTIの結果は自己理解を深めるための一つのツールとして有効に活用することが推奨されています。自分の強みや弱み、適職やコミュニケーションのスタイルを理解するための参考として、MBTIを活用することができます。

MBTI診断結果が毎回異なる理由とは?その変動性の謎に迫るまとめ

MBTI診断結果が毎回異なるのは、人の心理状態が常に変化するためです。この変動性を理解し、診断結果を自己理解のツールとして活用することで、自分自身の深い理解につながります。MBTIは、自己成長の旅路において、貴重な指標となるでしょう。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)